渋谷区の中古マンション売却相場

query_builder 2021/12/24
ブログ
pixta_59100173_S

渋谷区の中古マンション売却相場



2020年から2021年は大きな災禍に見舞われました。言うまでもなく新型コロナウイルス感染症の影響です。渋谷区でもスクランブル交差点での人手が減った、あるいは自粛疲れで増えた、といったニュースが流れていました。
こうした混乱は不動産市場も巻き込んだのです。2020年の半ばには不動産価格が下落したとのニュースが流れていました。こうした影響がその後どうなったのか、今の時期に不動産売却をするにはどうしたらよいかについてお伝えします。



【渋谷区内のマンションの価格動向】

下の表は渋谷区の中古マンションの価格動向です。



2020年第四四半期

2021年第一四半期

2021年第二四半期

渋谷区中古マンション平均価格

65,899千円

55,817千円

57,667千円

国土交通省・土地情報総合システムより作成




表を見ると、2020年第四四半期から2021年第一四半期にかけて平均価格が大きく下落しています。金額でいえば1千万円前後と大きな下落です。一方今年に入ってから価格は200万円程度の上昇傾向です。
これをみて「昨年から価格は大きく下落し、今は回復傾向」と判断するのは妥当とはいえません。この平均価格は渋谷区の価格を正しく示しているものの、高額な物件や反対に安い物件が多く入ってくると簡単に変動してしまうのです。
また、マンションの場合、面積の広い部屋は高く、狭い部屋は安くなります。築年数を加味すれば、新しい物件は高く、古い物件は安くなることが一般的です。さらにはエリアごとに価格水準は異なります。
このように売却価格を判断するには多くの要素を検討することが必要です。価格だけで高いか安いかを論じることはできません。
このように多くの要因を判断するのは、その地域をよく知っている不動産業者でないと難しいことです。



【まとめ】

以上のように不動産の価格は多くの要因によって左右されます。それを的確に読み解かないと、予想以上の安値で売却せざるをえなかったり、思いのほか売却までに時間がかかったりしてしまうのです。
その点、港区不動産売却センターは渋谷区で多くの物件を取り扱っており、渋谷区の事情に精通しています。渋谷区で不動産を売却する際には、港区不動産売却センターにぜひお声がけください。

記事検索

NEW

  • 品川区で不動産売却にふさわしい不動産業者とは

    query_builder 2022/02/28
  • 品川区の中古マンション市場

    query_builder 2022/02/25
  • 太田区での不動産売却にふさわしい不動産業者とは

    query_builder 2022/02/22
  • 大田区の中古マンション市場

    query_builder 2022/02/19
  • 港区で不動産売却する際の価格の注意点

    query_builder 2022/02/16

CATEGORY

ARCHIVE