港区で不動産売却する際の価格の注意点

query_builder 2022/02/16
ブログ
41761487


不動産売却するうえで最も気になる点はいくらで売れるか、でしょう。人によってはローンも残っていることもあります。次の物件の頭金として売却代金をあてにすることもあるでしょう。それだけ不動産がいくらで売れるのかは売主にとって重要なことなのです。ましてや港区のように中古マンションが8,000万円以上で売買される地域ならその金額はより高額になります。今回は港区で不動産売却する際の価格設定の注意点についてみていきましょう。

 

 

 

【さじ加減が重要な販売価格】

 

例えば8,000万円で売却したい物件があるとします。これを最初から8,000万円で売り出すと、多くの場合8,000万円を下回る金額でしか売却できません。人気物件でない限り、指値によって値下げ要求が行なわれるからです。

港区は他のエリアよりも人気の物件が多いとはいえ、この傾向は変わりません。そうなると値下げ要求を見越して少し高めの価格、例えば8,500万円のような価格を設定することが必要です。ただし今度は別の心配が生じます。販売価格が相場より高いと買主が現れない可能性があるのです。

売主としてはなるべく早く、かつ希望価格で売却したいもの。ただ、欲を出して強気の価格で売り出し、その結果買主が現れなければ元も子もありません。実はこのような悪循環に陥らない方法があります。人気のあるエリアやマンションではある程度の相場が形成されているもの。これを的確に把握し、相場よりもほんの少し高い価格で売り出せばよいのです。もちろん、そんな都合のいい価格を簡単に把握することはできません。販売価格はこのあたりのさじ加減が重要なのです。

 

 

 

【適正な販売価格を把握するには】

 

そこで地元に詳しい不動産業者の登場です。優秀な不動産業者は相場を把握し、値下げが要求されるならばどれくらいの価格が適正なのかを見極めることもできます。相場を把握することはもちろん、相場価格にどれくらい上乗せが可能かも把握することが可能です。

港区不動産売却センターは港区でも査定や売買の実績が豊富な業者。港区内でスムーズな取引をご希望なら港区不動産売却センターにご一報ください。



記事検索

NEW

  • 品川区で不動産売却にふさわしい不動産業者とは

    query_builder 2022/02/28
  • 品川区の中古マンション市場

    query_builder 2022/02/25
  • 太田区での不動産売却にふさわしい不動産業者とは

    query_builder 2022/02/22
  • 大田区の中古マンション市場

    query_builder 2022/02/19
  • 港区で不動産売却する際の価格の注意点

    query_builder 2022/02/16

CATEGORY

ARCHIVE