Q&A

安心の不動産売却について港区のイエリスから丁寧に回答いたします

高い満足を達成している不動産売却サービスを港区でご提供

様々なご事情で不動産売却をご検討中の皆様から港区でご相談をお受けし、売却方法や価格の適正な査定、売り出しのタイミングなどの様々な要素を丁寧にご説明いたします。媒介契約に基づいて不動産業界のネットワークである「REINS」なども活用しながら多方面に売却ルートを展開し、「早く売りたい」というご希望を実現してまいります。港区周辺や23区内にて不動産売却に関心をお持ちの方、相談先選びでお悩みの方に向け、皆様から寄せられるご質問と回答一覧を掲載しております。

よくある質問

  • 売却の時、価格査定はお金がかかりますか?

    費用は頂いておりません。今すぐ売却しない方でも、お気軽にお申し付け下さい。いくらで売れるかを一緒になって真剣に検討し、その結果ご売却のご依頼を頂ければと思っています。


  • 売る前に準備するものがありますか?

    売却相談は、予め所有不動産の詳細が分かるものを準備して頂くと、相談がスムーズに進みます。以下は代表的なものですが、詳細はご相談下さい。 ・権利証(所有不動産の面積や名義人を確認するために必要です) ・地積測量図(土地・戸建) ・間取図(戸建・マンション) ・分譲時のパンフレット(マンション) ・固定資産税の納付書か公課証明書、など

  • 居住中で売ることはできますか?

    もちろん可能です。中古物件の場合、お客様がお住まいになりながら売却活動をされるケースが多々ございます。

  • リフォームはしたほうがよいですか?

    一般的にはリフォームは必要ありません。買主様の好みの問題もありますので、買主様が負担するケースが多いです。
    ただし、建物の状況によっては、一部でもリフォームすることで印象が良くなり、早期の売却が実現することもあります。その際は提携先のリフォーム会社がございますので、弊社にてご提案させて頂きます。


  • 鍵は預けなくてはなりませんか?

    居住中の場合、お預かりの必要はございません。空家の場合は、弊社にお預け頂けますと、ご案内時などは弊社にて対応させて頂きます。

  • 広告を行なわないで売却は可能ですか?

    もちろん可能です。弊社独自のネットワーク、購入希望者へのご紹介など、多彩な方法で売却活動を行ないます。近隣へのチラシ等の配布は控え、インターネット掲載で対応させて頂きます。提携の業者様や会員様へのメール配信による告知も出来ますので、お客様のご希望に応じた販売活動をさせて頂きます。

  • 時間をかければ高く売れますか?

    売買に時間がかかると、売れ残りのイメージが出ることがあります。一概には言えませんが、時間がかかると価格が下がる傾向にあります。

「既にマイホームを持っているため、相続した土地や建物の使い道がない」とお困りの方が多いかもしれません。現在日本には800万戸以上の空き家があると言われており、港区をはじめ東京23区内でも増加傾向にあります。空き家が増える大きな要因として相続が挙げられており、遠方に住んでいて維持管理ができない場合をはじめ、立地が悪かったり建物自体が老朽化していたりといった理由で収益物件として活用できないケースなどでは空き家になってしまう可能性があります。

空き家の扱いでお困りの方、売却に向け査定を依頼したい方など、不動産売却に関する様々なご相談を港区で承っております。戸建てやマンションだけでなく、店舗や工場、駐車場などの事業用物件の売却にも対応しておりますので、ご事情や目的に関わりなく不動産売却について気兼ねなくお問い合わせください。