Souzoku

相続問題

不動産の相続問題について

仲介売却と異なり、相続された土地、一戸建て、マンションなどを不動産売却する際は、相続開始から売却、納税まで様々な手続が必要となります。早い段階で不動産会社へ相談し、不動産売却の準備を開始することをおすすめいたします。東京都港区周辺で不動産売却の専門としている港区不動産売却センターは、ご相談者様にとって最善の不動産売却プランをご提案させていただきます。

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 不動産を相続したがどうしようか悩んでいる
  • 実家が空き家になってしまった
  • 不動産を相続したが、遠方のため自分で管理できない
  • 住む予定が無いので親名義の実家を売却したい
  • 空き家を解体して更地にしたいが費用がない
  • 空き地の有効活用するか現金化したい
  • 不動産の管理をどうすればよいかわからない
  • 空家の固定資産税の対策を知りたい
  • 長期間住まずに放置した結果、老朽化が始まってしまった
  • 手持ちの現金がないので、相続税の納税が難しい
上記のように近年では相続に関する悩みを抱えている方が多くなってきています。
相続した空家・空地など、ご自身で不動産を管理している方は管理業務(物件管理・修繕管理・家賃管理・契約管理)お悩みのケースも多くです。漫然と不動産は所有し続けるのはコストが大きくかかり、さらに相続した物件を放置すると様々なリスクが懸念されますのでお早めに港区不動産売却センターへご相談ください。
不動産相続
港区不動産売却センターでは、相続される不動産は、3年以内の売却をすることをおすすめしております。それは、相続した居住用の不動産を売却する際に「相続税の取得費加算」の控除の特例を受けられるからです。不動産が居住用としてみなされる期間は、人が住まなくなってから3年目の年末まで、それまでに売却さなければ、売却時に「相続税の取得費加算」の控除を受けらることは出来ません。もし、相続した建物や土地をそのまま放置されている方は、港区不動産売却センターへご相談下さい。
不動産相続
港区不動産売却センターでは、お客様から「相続した不動産物件をどうすればいいかわからない」といったご相談を多くいただいております。「ご両親が介護施設に入って実家が空家になった」「ご両親が他界されて実家が空家の管理にかかる負担を減らしたい」というお客様は、ひとりでお悩みを抱え込まずに、まずは不動産売却の専門家である港区不動産売却センターへご相談下さい。わからないままで空家を放置すると、思わぬトラブルや事故につながる恐れもあります。港区不動産売却センターでは、豊富な実績や過去の事例などもふまえて、相続された不動産の売却・活用・維持に関して、最善のご提案をしております。お客様の思いやご希望を寄り添って、丁寧かつ迅速に対応し、プロの視点からサポートを提供いたしますので、どうぞ安心してご相談ください。
不動産相続
「遠方にある空き家を相続した」など、日本国内で空家の増加が問題となっております。長期間、家に風を通さなかったり、人が住まないと家は、傷みが早くなり老朽化してしまいます。その結果、予想をしていない修繕費や管理費が膨らんでまうこともあります。さらに庭がある場合は、庭木の剪定や伐採、雑草の草刈りを行う必要もあり、放置した結果、近隣とのトラブルになることもあります。
港区周辺の空家や相続した土地などのお悩みがございましたら、是非港区不動産売却センターにご相談ください。お客様のご希望や事情を丁寧にお伺いし、どのような解決方法があるかご提示いたします。例えば、売却するために条件をよくするためにリフォームが必要なのか、不動産を所有し続ける場合は賃貸に出せるのかなども、プロの目線でアドバイス致します。将来の安心のためにも、気軽なご相談をお待ちしております。